資料請求・お問い合わせ
TOP > アロマパルファンヌとは > アロマテラピーの基本

アロマテラピーの基本

アロマテラピーという言葉は、科学者であり調香師であったルネ・モーリス・ガットフォゼが1937年に出版した"Aromatherapie"という著作のタイトルではじめて使われた造語です。ガットフォゼが実験中にやけどを負った際、ラベンダーの精油をかけたところ大変早く回復したことから、精油の効果に注目し研究に没頭したそうです。植物の香りの活用自体は古く紀元3000年前から記録が見られ、メソポタミアやエジプトなどで宗教儀式や医療用などに使用されたと言われます。

日本語では「芳香療法」と訳されますが、天然植物から抽出された精油を用いた自然療法のことを指し、自然の力を借りて、リラクゼーションやリラックス、心と身体の美容と健康に役立てるものとして広く普及し、ディフューザーや入浴などで日常に香りを取り入れることが一般化しました。

一般社団法人日本アロマパルファンヌ協会では、日常的に楽しまれるようになったアロマテラピーを進化させ、ひとりひとりの個性に合わせてアロマの調香を楽しむ技術を体系化し、皆様にご提供致します。

▲ PAGETOP